So-net無料ブログ作成
検索選択

大坂正明はなぜ逮捕された?死亡するまで時効なし!指名手配のポスターがイケメン [事件]

1971年に起きた「渋谷暴動事件」で指名手配されていた大坂正明容疑者(67)を大阪府警が広島県内で逮捕したそうだ。


現在、逮捕された男は取り調べに対し、名前を名乗らず、黙秘していることから、大阪府警は今後、DNA型鑑定をするなどして、男が大坂容疑者かどうか確認を慎重に進める。

oosaka.PNG

「渋谷暴動事件」の犯人はこれまで大坂容疑者だけが逮捕されずに45年間の逃亡を続けていたが、もし、逮捕した男が大坂容疑者なら、これで全員逮捕されたことになる。


街でよく見かけたあの懸賞金300万の指名手配ポスターもようやく剥がされる時がきたというわけだ。


ポスターに映る大坂容疑者は当時21歳の大学生。イケメンだった容姿は46年経ってどのように代わり果てているのかに注目が集まる。


ほかにも死亡説まで浮上していた大坂容疑者がこのタイミングでなぜ逮捕されたのか。そして時効が残っていることから、どのような判決が下されるのかにも注目される。



Sponsored Link




大坂正明はなぜ逮捕された?



45年もの間、捕まることなく逃亡を続けていた大坂正明容疑者が、今になってなぜ逮捕されたのか。


その理由は、18日に大阪府警が兵庫県内のホテルに偽名で宿泊したとする事件で広島県内にある中核派のアジトを捜索。現場にいた男を有印私文書偽造・同行使容疑などで逮捕した。 


その際警察官などに体当たりしたとして、公務執行妨害などの容疑で男2人を逮捕。このうちの1人が黙秘。名前などが分からなかったが、年齢や顔、体の特徴から大坂容疑者の可能性が浮上したという。


ということは、指名手配のポスターに映った大坂容疑者と現在とではあまり代わっていなくて、整形とかもしてなかった可能性がある。


大坂容疑者は1972年に指名手配されてから動向が分からず、死亡説まで浮上。だが、去年に警視庁が大坂容疑者をかくまっていたとみられる「支援チーム」のリーダー格、永井隆容疑者を逮捕するとともに都内などに潜伏していたとみて捜査。


中核派の非公然活動を担う「革命軍」の拠点になっていたとみられる東京都北区の賃貸マンションを家宅捜索するなどしていた。


さらに、警察は大坂容疑者が病気で北関東などで治療を受けていたことも割り出しており、足取りを追っていたようだが、結局広島で逮捕。


在取り調べ中である。



Sponsored Link




大坂正明は死亡するまで時効なし




大坂正明容疑者は死亡するまで時効が成立しない。


というのは、傷害など5つの容疑で指名手配されていたが、45年間で1つを残して時効が成立。

しかし、共犯とされる男の公判が病気治療で中断したため公訴時効が成立せず、平成22年の刑事訴訟法改正で殺人罪の時効が廃止されたのだ。


なので大坂容疑者には一生時効が成立することがなく、罪を償うことになる。


裁判でどのような判決が下されるのか、世間が注目するだろう。


そして、大坂容疑者に懸けられた懸賞金300万についても気になるところだが、 そもそも懸賞金は匿名者、警察職員及びその親族、共犯者、情報入手の過程で犯罪等を行った者等は支払対象から除外。


よって今回の場合は誰の手にも入らないというわけだ。


大坂正明容疑者らが起こした「渋谷暴動事件」とは、1971年11月14日、沖縄返還協定の批准阻止を訴える過激派の学生ら約5000人が渋谷駅周辺で起こした暴動事件。


中核派は数百人の活動家を動員し、機動隊に火炎瓶を投げつけ、鉄パイプで殴りかかり、派出所や路上の車を炎上させた。


その際、300人以上の学生らが逮捕されたが、警察はこの事件のデモ隊を指揮した中核派の学生7人を主犯と特定。その中の大坂容疑者以外6人が1975年8月までに逮捕・起訴されていた。



Sponsored Link