So-net無料ブログ作成

新庄剛志の顔が違うのは目を整形?歯をセラミックにした歯医者と費用はいくら? [テレビ]

9月27日放送の「今夜くらべてみました」は2時間SP。ゲストには元メジャーリーガーの新庄剛志(45)が、バリから緊急来日し、番組に登場する。


新庄は、番組で整形したことを初告白。さらにバリ島での満喫生活にも密着するという。


2010年から1人でバリ島に移り住んでいるという新庄は、2007年に元タレントの大河内志保と離婚している。


現在の居住地バリ島では、大豪邸を購入し、趣味のモトクロスバイクやエアブラシアートを楽しむなど自由な生活を送っているという。


そんな新庄は、前回放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!! お金で大災難3時間スペシャル」に、ゲスト先生として出演し、44億円もの大金を失ったことを告白。


その前は「炎の体育会TV SP」の企画コーナー「日本中を熱狂させたあのアスリートは今」で、久しぶりとなるテレビ出演を果たしていた。


sinjyo1.PNG


今回番組で新庄は、整形を告白するようだが、「炎の体育会TV SP」に出演していたときから以前と比べて「顔が違う」と、すでに整形疑惑が浮上していた。


それなのになぜ、いまさら皆が分かっている整形を告白する必要があるのか。


番組予告で新庄の目にはモザイクがかかっていたのは、ひょっとして前の顔とは再び変わっている可能性もありそうだ。


と、なると今回の整形は2回目なのかもしれないし、しかも新庄は、自分の顔の注文を「整形外科医におまかせした」と語っている。


また、新庄といえば、現役時代に真っ白い歯にしたことで一躍話題になったことがあった。


新庄の白い歯はセラミックで、聞くところによると総費用額が500万円だったとか。


目立つことが大好きという新庄だけに、野球選手で歯をセラミックにしたのは新庄が初めてのこと。


そのあとに清原らが歯をセラミックに変えている。




Sponsored Link




新庄剛志の顔が違うのは目を整形?



27日放送の「今夜くらべてみました」2時間SPに新庄剛志はサングラスをかけて登場。


予告しか見ていないので分からないが、サングラスを取った新庄の顔にはモザイクがかかっていた。


新庄は今回の番組に出演する前には「しくじり先生」や「炎の体育会TV」にも出演しているので、顔にモザイクをかける必要はないはず。


以前と比べて「顔が違う」と、とっくに整形疑惑が浮上しているのに、なぜモザイクがかかっているのか。


前と顔が違うと話題になっているのは、目の整形やエラを削ったなどからだったが、今回はまた目を整形した可能性が高い。


と、なると整形はやはり2回目なのか。


再び整形を施したのならば、どこの整形外科なのか、いろいろと話題が尽きることはないだろう。




Sponsored Link




そして、新庄は現在、バリ島で何の仕事をして収入はどうなっているのか気になるところ。


日本のプロ野球からアメリカの大リーグへと渡り歩いた新庄は、引退後、「働かなくても大丈夫」と豪語していた。


それは日本でプレイしていたころの年俸がピークで3億円、メジャーリーガーとなった2001年以降、CM1本の料金が1億円だったからなのか。


しかも新庄は日本人初の4番バッターに抜擢された際には、スポンサー契約が相次ぎ、リストバンドをつけたら4000万円、アンダーシャツを着たら2000万円というように、大金が舞い込んできたという。


結果、メジャーリーガーとなって以降、新庄人気は爆発。「野球はバイト」と豪語していた2001年から2006年までの6年間で約60億円稼いだとされている。


また、ウワサでは、新庄に優秀なブレーンがいて投資に成功したという話もある。一時は総資産が100億円あったなんて話も出たほどだ。


だが、新庄は前回放送の「しくじり先生」に出演した際、現役時代に稼いだ総額44億円の大金を、母親の知り合いの実業家に全額預けたのが失敗して、最終的には2200万円しか残っていなかったことを告白している。


そのことを差し引いても、まだまだ資産を持っていそうなものだが・・・。




Sponsored Link




新庄剛志 歯をセラミックにした歯医者と費用はいくら?




目を整形して前と「顔が違う」と話題の新庄剛志だが、それ以前に歯をセラミックにして、金歯7本を埋め込んでいる。


その総費用額は500万円。新庄が歯を変えたのには、それなりの理由があったからだという。


新庄が歯をセラミックにしたのは、24歳のときで、まだ阪神に在籍していた頃の話。


当時、新庄は前歯がむし歯になりがちだったという。それに歯並びも悪く、かみ合わせが不十分で、胃腸の調子にまで影響していたそうだ。


そうして歯の治療を決心。治療を申し込んだのは、旧知だという「タバタデンタルクリニック」の歯医者だという。


結果、前歯は歯並びを矯正した上で一度削ってセラミックをはめる「手術」を施し真っ白に。さらに奥歯には1本50万円する金歯を7本も埋め込んだ。


また、打者というのはスイングしたときのインパクトの瞬間、奥歯に負荷がかかることで弱っていることが多いといわれる。


新庄は、「ボロボロだった」という理由から奥歯に7本の金歯を入れたのだ。


セラミックの方も先に上の前歯を真っ白にした後に下の歯を矯正して「手術」。


新庄が治療を申し込んだのは歯医者は、兵庫県の芦屋にある「タバタデンタルクリニック」という歯医者だ。


わざわざ休日を借り切り状態にして、1日6時間で計4回の即効治療を施したという。


総費用額が500万円という治療費に、当時の新庄は「最初は悩みました」と語っている。




Sponsored Link



コメント(0)