So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイアンドロー レッドレイン キャストの子役は誰?ラストのアドリブと挿入歌 窪田の出演は? [映画]

8月11日の「金曜ロードSHOW!」は、EXILE TRIBEのエンタテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」の劇場版「HiGH&LOW THE RED RAIN(ハイアンドロー レッドレイン)」を地上波初放送。


今回放送されるのは、新たに撮影した映像などを加えたテレビ特別版。


斎藤工が演じる雨宮3兄弟の長男・尊龍と、尊龍の行方の手がかりを握る少女・愛華(吉本実憂)の過去の関係を掘り下げた特別映像が加えられている。


さらに8月19日公開の最新作「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」から、迫力満点のカー&バイクアクションなどの初出しシーンも初解禁されるということだ。


『HiGH&LOW』シリーズの劇場版第2弾となった映画「HiGH&LOW THE RED RAIN(ハイアンドロー レッドレイン)」は、5つのチームがしのぎを削る「SWORD地区」を舞台とした抗争を描き、最強と称された雨宮兄弟の過去に隠された秘密にスポットを当てた物語。


斎藤工、TAKAHIRO(EXILE)、登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が演じる雨宮3兄弟を主役に据え、吉本実憂、石黒賢、岩田剛典らがキャストに名を連ねるとともに3兄弟の少年時代を演じる子役にも注目だ。



Sponsored Link




ハイアンドロー レッドレイン キャストの子役は誰?



お互いが強い絆で結ばれている兄・雨宮雅貴(TAKAHIRO)と弟・雨宮広斗(登坂広臣)の兄弟には、尊敬する雨宮尊龍(斎藤工)という長兄がいたが、1年前、行方不明になった。


兄の尊龍を捜していた雅貴と広斗は、両親の命日に尊龍が姿を現すことを期待し、両親の墓を訪れる。


すると、そこには尊龍の行方を知っているという謎の少女・成瀬愛華(吉本実憂)が現れるのだった。


映画「HiGH&LOW THE RED RAIN(ハイアンドロー レッドレイン)」では、雨宮兄弟の過去に隠された秘密を掘り下げることから、兄弟の少年時代を演じるキャストが登場する。


その子役とは一体誰なのか。


まず、長男・尊龍を演じるキャストは子役出身の濱田龍臣((はまだ たつおみ)だ。


濱田は大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬の幼少役を演じ話題に。以来、天才子役として注目を浴び数々のドラマや映画、CMに出演。気がつけば早いもので現在は16歳になっているという。


次男・雅貴の少年時代を演じるのは、去年俳優デビューしたばかりの小野寺晃良(おのでら あきら)18歳。


スターダスト所属の小野寺は昨年放送のドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」で俳優デビュー。


今年は、「ひるなかの流星」(2017年3月24日公開) 、「ひだまりが聴こえる」(2017年6月24日公開)、「ラストレシピ?麒麟の舌の記憶?」(2017年11月3日公開予定)の映画3本に出演するなど、俳優として頭角を現してきた。


役者として今後に注目される逸材だ。


そして、三男・広斗の少年時代を演じるのが、子役の吉澤太陽(よしざわ たいよう)。


吉澤も小野寺と同様、スターダスト所属で年齢が14歳。


2014年に放送されたNHKの連続テレビ小説・「花子とアン 」 で子役デビュー。


現在放送中のフジテレビドラマ「セシルのもくろみ」にも出演済みだ。


その他キャストについては以下の通りだが、『HiGH&LOW』シリーズで「RUDE BOYS」のリーダー、スモーキーを演じる窪田正孝は、「HiGH&LOW THE RED RAIN(ハイアンドロー レッドレイン)」には出演していない。


窪田は最新作「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」での出演となる。



・雨宮尊龍/斎藤工

・雨宮雅貴/TAKAHIRO

・雨宮広斗/登坂広臣

・成瀬愛華/吉本実憂

・コブラ/岩田剛典

・ヤマト/鈴木伸之

・ノボル/町田啓太

・ダン/山下健二郎

・テッツ/佐藤寛太

・チハル/佐藤大樹

・ナオミ/藤井萩花

・伊集院仁花/坂東希

・雨宮壮介/小木茂光

・雨宮祥子/片岡礼子

・尊龍(少年時代)/濱田龍臣

・雅貴(少年時代)/小野寺晃良

・広斗(少年時代)/吉澤太陽

・古野/中井ノエミ

・上園龍臣/石黒賢

・家村龍美/中村達也

・劉/早乙女太一

・八木/渡邉紘平

・林/三浦誠己

・成瀬幸雄/矢野浩二

・伊藤/近江谷太朗

・篠原/長谷川初範

・九龍の妻/飯島直子

・黒崎/岩城滉一



Sponsored Link




ハイアンドロー レッドレイン ラストのアドリブと挿入歌



映画「HiGH&LOW THE RED RAIN(ハイアンドロー レッドレイン)」は、雨宮兄弟が銃相手に立ち回り、「どんだけ強いねん!」と話題だが、ラストのアイスを食べるシーンでも話題を呼んだ。


ラストでのアイスの下りは完全にアドリブだろうと思われていたが、案の定すべてがアドリブだったという。


メガホンを取った山口監督は「あそこはもう最後なんで、おふたりに好きにやってほしいと。何にも言わないで、好きにやってくださいと言ったんです」と明かしている。


当初は大量のハンバーガーを爆食いしてたら面白いかも?などといった意見が出ていたようだが、結局は監督の意向でアイスになったとか。


TAKAHIROと登坂広臣のふざけたアドリブに監督が爆笑して、なかなかカットがかからなかったそうだ。


2人もカットがかかる前に監督の『ひゃっひゃっひゃっひゃっ』という笑い声が聞こえて、耐えられなかったと撮影を振り返っている。


そして、本作の挿入歌に関しては、ACE OF SPADES×PKCZ[レジスタードトレードマーク]feat.登坂広臣の『TIME FLIES』が主題歌に使用されている。


また、TAKAHIRO×登坂広臣 の「 THE RED RAIN」が本作の挿入歌として流れ、切なくも壮大なバラードが兄弟の深いキズナを強く描く。

ハイアンドロー レッドレイン あらすじ


3人は、ガキの頃からずっと一緒のはずだった・・・。

いつも無邪気に弟を笑わせる兄・雨宮雅貴(TAKAHIRO)、感情を顔に出すことのない弟・雨宮広斗(登坂広臣)。

対照的なふたりだが、眼に見えぬ絆で結ばれていた。

彼らには心の底から尊敬する長兄・雨宮尊龍(斎藤工)がいる。

幼い頃に両親を亡くした三兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。

しかし一年前、尊龍はふたりの前から突如姿を消してしまう。

それから弟たちは兄の行方を探し続けていた。

ふたたび巡ってきた両親の命日。尊龍が現れることを期待し、雅貴と広斗は家族の墓を訪れる。

が、そこに現れたのは兄の行方の手がかりを持つ謎の少女・成瀬愛華(吉本実憂)だった。

なぜ尊龍は、雅貴と広斗を残して姿を消したのか?尊龍の行方を追って次々と真実が紐解かれるとき、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明らかとなる。そして三兄弟のたどる運命とは――。

引用元:金曜ロードシネマクラブより





Sponsored Link





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。