So-net無料ブログ作成

ここさけ アニメの声優とキャスト 聖地のお城やホテル 学校はどこ?(心が叫びたっがっているんだ) [映画]

2015年9月に公開された劇場版アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」(略称・ここさけ)が、7月29日放送の「土曜プレミアム」にて地上波初登場。


同タイトルの実写映画が、7月22日から全国公開されていることを記念した放送となる。


「ここさけ」は、人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(略称・あの花)のスタッフが再び集結して作ったことで話題になった劇場版アニメ。


「あの花」同様、埼玉県秩父が舞台モデルとなっている。


また、しゃべれない少女を主人公にした「ここさけ」は、これまでの映画の中でも珍しい設定。


幼い頃、自分が親に言った一言がトラウマになり、人と話せなくなった女子高生の成瀬順役を声優の水瀬いのりが演じ、人に本音を言えなくてコミュニケーションが苦手な坂上拓実役を声優の内山昂輝が務める。


その他キャストに女優の吉田羊らが出演する劇場版「心が叫びたがってるんだ。」(略称・ここさけ)


今回は全国からファンが訪れ、アニメの聖地となっている学校や謎のお城(ホテル)の舞台モデルなどについて触れていこうと思う。



Sponsored Link




ここさけ(心が叫びたがってるんだ。)アニメの声優とキャスト



アニメ「心が叫びたがってるんだ。」(略称・ここさけ)の物語は、幼い頃、自分が親に言った一言で家族がバラバラになったことから“玉子の妖精”に話すことを封印されたヒロイン・順を中心に、それぞれ悩みや心の傷を抱えた高校生たちが、淡い恋心や友情によって成長していく姿を描く。


コミュニケーションをとるのが携帯メールという順の声をアニメ「ご注文はうさぎですか?」などでおなじみの声優・水瀬いのりが務める。


その他キャストには、コミュニケーションが苦手な坂上拓実の声を声優の内山昂輝が務め、甲子園を目指しながらヒジの故障で挫折した野球部エース・田崎大樹役を.細谷佳正、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月役を雨宮天が演じる。


順は全く接点のない3人のクラスメイトと「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、ミュージカルに挑戦。仲間と出会うことによって次第に変わっていく。


ちなみに当初の主人公は坂上拓実にする予定だったとか。


しかし、ストーリーを構築していくうちに順が中心となっていったため変更されたという。


※ここさけの声優とキャスト

・成瀬 順/水瀬いのり

・坂上拓・実玉子の妖精/内山昂輝

・仁藤菜月/雨宮天

・田崎大樹/細谷佳正

・成瀬 泉(順の母)/吉田羊

・順の父/野島裕史

・坂上 八十八(拓実の父方の祖父)/津田英三

・坂上 シン(拓実の父方の祖母)/宮沢きよこ

・城嶋 一基 (順たちのクラスの担任)/藤原啓治



Sponsored Link




ここさけ(心が叫びたがってるんだ。)アニメの聖地 お城やホテル 学校はどこ?



アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(略称・あの花)は、その人気から舞台モデルとなった秩父に全国からファンが訪れアニメの聖地となった。


劇場版アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」(略称・ここさけ)も秩父が舞台モデルになっているが、当初は他の場所を舞台にする予定だったという。


初めは全国各地にロケ班が回ったそうだが、「ピン!」と来る場所がなかった。前回、「あの花」のPRで何度も秩父に足を運んだスタッフが秩父の人によくしてもらったこともあり、感謝の恩返しを踏まえてもう一度「秩父」を舞台にすることを決めたのだとか。


そして映画は大ヒット。いまでは「あの花」のファンに加え、「ここさけ」のファンも秩父に訪れ聖地巡りをしているという。


まず、映画の冒頭で、幼少期の順が山の上にあるお城のようなホテルに向かって走っていくが、実はあのような建物は秩父に存在しない。


映画に出てくるお城のようなホテルは、群馬県高崎市にある「ホテルシャトーデュオ」がモデルになっているというウワサである。


次に順たちが通う学校だが、これも秩父にはなく、モデルになっていたのは「栃木県立足利南高等学校」だ。


その他は秩父が舞台になっており、順が拓に相談する寺が「大慈寺」だったり、幼少期の順が玉子の妖精と出会った場所の聖地が「羊山公園の牧水の滝」辺りだったりする。



ここさけ(心が叫びたがってるんだ。)アニメのあらすじ



突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。

それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。

高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。

一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。

本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。

しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」と順の気持ちに気づいていたが、順は言い出せずにいた。
 
そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。

自分のせいで揉めてしまう姿を見て順は思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。

そして、発表会当日、心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を歌うと決めたはずの順だったが…。

引用元:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。公式サイトより





Sponsored Link






コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0