So-net無料ブログ作成
検索選択

松来未祐の死因 CAEBV症状とは?公表した理由は難病指定の為! [テレビ]

5月9日の「ザ!世界仰天ニュース」は、『世界が知らない恐ろしい病スペシャル』と題して、2015年10月27日に38歳の若さで亡くなった声優・松来未祐さんの闘病について特集が放送される。


松来さんの死因は、「CAEBV(慢性活動性EBウイルス感染症)」だった。


EBウイルスは日本人の成人の9割以上が保有しているというが、感染症を発症するのはまれだという。



CAEBVは事例が少ない為、医師の間でもあまり知られておらず、松来さんの感染症判明までにかかった日にちは1年以上。


最初は夜中になると高熱が出るが、日中は仕事ができる状態になるという症状に苦しんだという。


松来さんは闘病中に「元気になったら手記を発表してCAEBVを知ってもらい、一人でも多くの命を救いたい」と話していた。


長い間、病名を公表しなかったのは、はっきりとした病名が分からなかったからで、当初死因を伏せていたが、「CAEBV」の周知と難病指定を願って公表に踏み切ったのである。


死因が公表されないからといって、「エイズ」などとありもしない噂が聞こえていたが、松来さんの両親は娘のことを思い、2015年12月に伏せていた病名について公表したのだった。



Sponsored Link




松来未祐の死因 CAEBV症状とは?



松来未祐さんが最初に体調がおかしいと感じたのは2013年ごろだった。その時の症状は、夜中になると39度台の高熱が出るというもの。


しかし、日中はふつうに体が動く為、仕事が大好きな松来さんは休むことなくがんばり続けていたという。


だが、しばらくして、その症状は悪化。今度は首のリンパ節が腫れ上がり、声が出なくなっていく。松来さんは東京都内の複数の病院を受診。念の為にガンの検査も受けたが、診断はいつも「異常なし」だったという。


結局、「CAEBV」の疑いが分かったのは体調不良を訴えてから1年以上が経過した2014年6月。専門医がいる都内の病院を受診するよう紹介されたのだった。


さっそく松来さんは7月2日に予約を入れたが、6月30日に呼吸困難に陥って、この病院に救急搬送され入院。


病院で抗がん剤治療を受けて9月に退院したが、そのわずか2週間後に容体が悪化し、10月27日に亡くなってしまった。


では、松来さんの死因となったこの「CAEBV(慢性活動性EBウイルス感染症)」とは、いったいどんな病気なのか。


20代の人で90%以上が感染していると言われる「EBウイルス」が、まれに病気を引き起こすことがあるらしいのだが、通常は感染しても体内で潜伏し続けるという。


「EBウイルス」はヘルペスウイルスの一種で、体内の血液の中にある「リンパ球」にEBウイルスが感染してしまうと病気を引き起こすことがある。その一つが松来さんが患った「CAEBV」だ。


CAEBVの症状は38度以上の高熱が出たり、首のリンパ節が腫れてのどが痛くなったりする。湿疹などの皮膚疾患を伴うこともあり、現在は有効な治療が確立されていない。



Sponsored Link




松来未祐の死因を公表した理由は難病指定の為



松来未祐さんの病名「CAEBV(慢性活動性EBウイルス感染症)」が判明するまでに時間がかかったのは、医師でもあまり知られていなかった病気の為で、松来さんが闘病中に「元気になったら手記を発表してCAEBVを知ってもらい、一人でも多くの命を救いたい」と話していたことを聞き、両親が2015年12月に病名を公表した。


病名を公表することは、松来さんの遺志でもあったのだ。


すると、この反響は大きく、病名がネットニュースで紹介されると、多数のコメントが寄せられた。


また、それと同時に同じ病気で亡くなった人の関係者たちからも反響があったそうだ。


松来さんの両親は、娘の診断が遅れたことに疑問を持ち、「CAEBV」の難病指定を求めていて、同じ病気で亡くなった人たちの考えと同様、指定されれば早期の発見・治療に結びつく。


両親が死因を公表した理由はその為であるが、国は昨年、指定難病を約300に拡大し、今年3月末までにさらに追加する予定だが、「CAEBV」はウイルスによる感染症との位置づけ。


難病指定への道のりはまだまだ遠いようである。



Sponsored Link
















コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。