So-net無料ブログ作成
検索選択

WBC 2017 侍Jの準決勝進出条件 イスラエル代表メンバーが強い?勝利予想は? [スポーツ]

WBC2017の2次ラウンドで、侍ジャ
パンは14日にキューバ代表に競り勝ち
2連勝、準決勝進出へ大きく前進した。


あとは15日に行われるイスラエル戦に
勝利すれば、無条件に準決勝進出が決定。

仮に負けた場合でもキューバがオランダに
勝つと準決勝進出が決まる。


イスラエル戦の先発予想は侍ジャパンが
ソフトバンク・千賀滉大投手。イスラエルが
守護神ザイドを先発に起用するなど、お互
いに負けられない一戦となりそうだ。


そして何と言っても、侍ジャパンとしては
イスラエルに勝ってE組1位で通過したい
ところ。1位で通過すれば準決勝はF組2
位のチームと対戦することになる。


ただ、2位と言ってもF組はドミニカ共和国
アメリカ、プエルトリコ、ベネズエラと強敵
揃い。正直どこと当たろうが厳しい試合に
なること間違いない。


侍ジャパンが15日に対戦するイスラエル
代表は今大会、台風の目となっており、
1次ラウンドを3連勝。

2次ラウンド初戦も勝利し4連勝とした
ところでオランダに敗れ、現在は1勝1敗
となっている。


世間では「イスラエル代表メンバーが強い」
と話題だが、はたして本当に強いのか。

侍ジャパンの準決勝進出条件とともに迫っ
てみようと思う。



Sponsored Link




WBC 2017 侍Jの準決勝進出条件



WBC2017で侍ジャパンが準決勝に
進出する条件は、15日のイスラエル戦に
勝てば3戦全勝となり、E組1位での突破が
決定。


仮に負けた場合は、同日のデーゲームで戦
うキューバ-とオランダの試合で、キュー
バがオランダに勝つと、侍ジャパンとイス
ラエルが2勝1敗で準決勝へ進出する。


ただし、この場合、侍ジャパンは直接対決
でイスラエルに敗れることになるのでE組
の2位が決定してしまう。


また、デーゲームのキューバ-とオランダ
の試合で、オランダがキューバに勝った
場合は、日本、オランダ、イスラエルの
3チームが2勝1敗で並んでしまうため、
今度は1イニングあたりの失点で暫定順位
を決めることになる。


1位のチームは無条件で準決勝へ進出。
2位と3位が16日に準決勝進出をかけて
プレーオフを行う。


この準決勝進出に伴う順位決定方法が非常
にややこしいのだが、WBCのルールとし
て、3チームが2勝1敗で並んだ場合、

・同率チームとの対戦で、守備1イニング
あたりの失点数が少ないチーム

・同率チームとの対戦で、守備1イニング
あたりの自責点数が少ないチーム

・同率チームとの対戦で、打率が高いチー


・WBCIによる抽選

の優先順位で1位を決定し、残り2チームで
プレーオフを戦うことになっている。 



Sponsored Link




WBC 2017 イスラエル代表メンバーが強い?勝利予想は?



WBC2017で誰もが予想だにしなかっ
たイスラエル代表の快進撃。本当に強いの
だろうか。


イスラエル代表はユダヤ系米国人がメン
バー28人中27人を占めており、メジ
ャーリーガーやマイナーリーグの3Aで活躍
する選手を中心にオーダーを組んでいる。


打者では、2012年に41本塁打でタイ
トルを獲得したブルワーズのブラウン
(33)や、昨年まで2年連続25本塁打の
ドジャース・ピーダーソン(24)らを中心
にした打線を組み、代打には2012年に
メッツで32本塁打を放ったデービス
(29)が控えている。


そんなメンバーがイスラエル代表として
参加しているのだから、強いはずだ。
「第2の米国代表」と言われる理由が
分かる。


投手の方では戦力が若干落ちるが、それで
もカージナルスのエースとして活躍しメジ
ャー通算124勝を挙げたマーキー(38)
を中心に粒揃い。


とはいっても、2次ラウンドのオランダ戦
では12点取られてコールド負けしたかと
思えば、キューバ戦は1点だけに抑えたり
と、粗削りな部分があり、侍ジャパンの
つけ入るスキは十分にある。


侍ジャパンの先発予想は千賀滉大投手。
昨年はソフトバンクの先発として12勝3敗
と結果を残しており、不安はない。


勝利予想は侍ジャパンが勝ってE組の1位
で準決勝進出。

伝家の宝刀、千賀投手のお化けフォークで
イスラエル打線を封じ込めることに期待だ。



Sponsored Link









 
 
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。